着物を身近に利用しよう!

着物を身近に利用しよう!

「着物を着る時」というと、どんな日を思い浮かべますか?
結婚式、お正月、卒業式、……と、
ハレの日にあらたまって着るイメージをお持ちの方が多いでしょう。

 

 

確かに、着物を着ると格式高く、
きちんとした印象になります。

 

 

その反面、着物は購入価格が高く、着付けやヘアメイクにもお金がかかり、
着た後のクリーニング代もばかになりません。

 

 

その上、手放す時の買取価格は驚くほど安いのです。

 

 

以前、親の着物を買取業者に依頼したところ、
10着以上入った箱が、2箱で2000円でした。

 

 

親が大切にしていたせっかくの着物がなんだか可哀想で、
それ以来、買取には出さず、
よい着物は知り合いに譲ったり、
小紋等の普段着の着物は自分で積極的に着たりするようになりました。

 

 

着付けは決して難しいものではなく、
友人に教えてもらったり本を読んだりするくらいでも
回数を重ねることでどんどん上達します。

 

 

「とても人前には着ていけない」と思ったら、
部屋着にしてもよいのです。

 

 

絹や麻でできた着物は肌触りがよく、素材によって
夏涼しく冬暖かく、快適にくつろぐことができます。

 

 

使わないのも、安値で処分してしまうのももったいない。
日常に着物を取り入れてみませんか?

 

 

普段着感覚でもっと着られたらいいなと思います

以前から着物には興味があって、数年前に着付けの教室に通った経験があります。

 

着付けの教室と言うとちょっぴり敷居が高く、レッスン費用も高いイメージでしたが、私がインターネットで見つけた教室は確かに大手の有名な着付け教室ではなかったこともありますが、とても良心的なレッスン費だったため、気軽に通うことが出来ました。

 

 

そこでは着付けの技術だけではなく、着物や帯などの歴史や文化についても教えてもらうことが出来きました。

 

 

また、少人数制だったこともあり、先生にひとりひとりの個人のレベルに合わせて丁寧に教えてもらうことが出来たのでとても通い易かったです。

 

 

着物ということても高価なものでなかなか自分で購入するのには抵抗があるのかなあと思っていましたが、最近は若い世代にも気軽に楽しむ事が出来るように、もっと身近に親しんでもらえるようにとデニム生地のカジュアルなものや、動物柄の着物など、普段のファッションとして楽しめそうな着物もたくさんあるようです。

 

 

私ももっと着物を身近に感じ、普段から楽しんで行くことができたらいいなと思っています。