趣味で着物を縫う楽しさ

趣味で着物を縫う楽しさをご存知でしょうか?

 

 

着物を縫うことを和裁といいます。プロの和裁士は何年も師匠の下で修行して技を身につけた職人さんですね。
一方で、趣味として和裁を楽しむ人もいます。お仕事としてではなく、自分の楽しみとして着物を縫うのは手作り好きにはうってつけの趣味です。友人や子どもに浴衣を縫ってプレゼントすることもできます。

 

 

その人にピッタリのサイズや柄で作ることができるのが魅力です。また、着物はお直しをしやすいように工夫されているので、ある程度までならサイズ直しもできます。
好きな反物から着物を作り上げる過程は趣味としてはなかなか本格的ですが、気に入った反物を見つけたら何を縫おうかと夢が広がります。
和裁は個人でやっている和裁教室やカルチャーセンターなどで習うことができます。

 

 

以前は職人を育てていた和裁教室も、最近は入門者の減少に合わせて趣味の人を受け入れていることが多くあるようです。

 

 

和裁の先生に教わりながらであれば、素人でも浴衣くらいは確実に縫えます。一から仕立てた浴衣で夏祭りに行くというのも楽しそうですね。

 

 

着物を着る良さ

着物というと最近では、生活様式の変化で着る事はほとんどなく、着ても成人式や卒業式ぐらいになっている人がほとんどだと思います。
私自身もまさに、そうで着物とは無縁の暮らしをしていました。
しかし、大好きだった叔母が亡くなり叔母が着物が好きで多くの着物を持っており、形見分けとしてその着物を頂きました。
それから、正月などに着物を着るようになりました。
着物を着てみると、普段の自分とは違う気持ちになる事が出来て、私は不思議と気持ちが引き締まります。
そのため、新たな年を迎える正月に着るようにしました。
着物を普段着ていないので、着物を着ると動きがゆっくりになりおしとやかな動きになります。
家族からも着物を着ると、なんだか優雅に見えると言われいます。
また普段より落ち着いた雰囲気になり、洋服とはまるで違った魅力があります。
日本の伝統的な衣装である着物は、着る人の気持ちを引き締めてくれ優雅にしてくれる気がしています。