趣味で着物を縫う楽しさ

趣味で着物を縫う楽しさをご存知でしょうか?

 

 

着物を縫うことを和裁といいます。プロの和裁士は何年も師匠の下で修行して技を身につけた職人さんですね。
一方で、趣味として和裁を楽しむ人もいます。お仕事としてではなく、自分の楽しみとして着物を縫うのは手作り好きにはうってつけの趣味です。友人や子どもに浴衣を縫ってプレゼントすることもできます。

 

 

その人にピッタリのサイズや柄で作ることができるのが魅力です。また、着物はお直しをしやすいように工夫されているので、ある程度までならサイズ直しもできます。
好きな反物から着物を作り上げる過程は趣味としてはなかなか本格的ですが、気に入った反物を見つけたら何を縫おうかと夢が広がります。
和裁は個人でやっている和裁教室やカルチャーセンターなどで習うことができます。

 

 

以前は職人を育てていた和裁教室も、最近は入門者の減少に合わせて趣味の人を受け入れていることが多くあるようです。

 

 

和裁の先生に教わりながらであれば、素人でも浴衣くらいは確実に縫えます。一から仕立てた浴衣で夏祭りに行くというのも楽しそうですね。

 

 

着物を着る良さ

着物というと最近では、生活様式の変化で着る事はほとんどなく、着ても成人式や卒業式ぐらいになっている人がほとんどだと思います。
私自身もまさに、そうで着物とは無縁の暮らしをしていました。
しかし、大好きだった叔母が亡くなり叔母が着物が好きで多くの着物を持っており、形見分けとしてその着物を頂きました。
それから、正月などに着物を着るようになりました。
着物を着てみると、普段の自分とは違う気持ちになる事が出来て、私は不思議と気持ちが引き締まります。
そのため、新たな年を迎える正月に着るようにしました。
着物を普段着ていないので、着物を着ると動きがゆっくりになりおしとやかな動きになります。
家族からも着物を着ると、なんだか優雅に見えると言われいます。
また普段より落ち着いた雰囲気になり、洋服とはまるで違った魅力があります。
日本の伝統的な衣装である着物は、着る人の気持ちを引き締めてくれ優雅にしてくれる気がしています。

 

 

着物が好きなら行ってみたい京都の市

着物が好きなら行ってみたい京都の市をどう思いますか。

 

 

着物が好きなら、京都のお寺や公園で開かれている市に行ってみるのがおススメです。

 
京都では、曜日や日にちを決めて定期的に開かれている市がいくつかありあります。

 

 

東寺の弘法市や知恩寺の手作り市が有名ですが、そのほかにお寺や公園で頻繁に開催されています。アンティーク、着物、布、手作りの雑貨品、農産物、食べ物の屋台が並びます。

 
こういった市では、アンティークやおさがりの着物がたくさん売られています。明治時代の着物などにも出会えるかもしれません。

 

 

かなり安価で売られている物もあって、ちょっとしたお小遣いでお買い物が楽しめます。そのまま着るのではなくリメイク着物にして楽しむのにもいいですね。

 
反物や帯、小物もあります。着物好きなら、宝探しの感覚で半日は楽しめますよ。
アンティーク市や手作り市では、昔ながらの市場の買い物ができるのも楽しいです。

 

 

お店の人と会話や値段交渉しながら着物や野菜を買うという機会は最近のショッピングモールではあんまりないですからね。

 

 

ちょっと昔にタイムスリップしたような気分で、着物の買い物ができますよ。

 

涼しい着物があったらいいのにな

着物は暑いと思っています。だからできるだけ着る事は避けてきたのです。

 

 

いとこの結婚式も友人の結婚式も、そしてちょっとしたパーティでも着物をすすめられましたが暑いと思っていたから着る事はなかったのです。

 

 

でも今は着物にもいろいろとあって、涼しいものがあったのでした。私はそんな事は全然知らなかったので、これまでとても損をしていたような気がしてきました。

 

でもこれからは何も心配せずに、大好きな着物を着る事ができるでしょう。着ていても、こんなにも涼しい着物があったのですから。

 
動くたびにとても快適なのです。汗をかくような事もありません。何よりも、涼しくて動きやすいところがとても気に入っているのです。

 
昔はなかったのかもしれません。こんなにも画期的な着物がなかったから、敬遠する人が多かったのかもしれません。

 

 

でも私は知ってしまった以上は、来月の友人の結婚式には早速素敵な着物を着て出席しようと思っています。きっと喜ばれるでしょう。

 

 

着物の楽しみ方、リメイク

着物の楽しみ方、リメイクは楽しいですよ!

着物の楽しみ方のひとつが、着物リメイクです。

 
着物は基本的に直線縫いで作られているので、縫い目をほどいて布の状態に戻すのが簡単です。

 

 

とくに、昔ながらに手縫いで作られている着物は、一か所をほどくと簡単に糸が抜けるようになっており、ほどきやすいように工夫されています。

 

 

また着物を縫う時はできるだけ布を断ち切らないようにして縫うので、ほどいたときに長方形の形の布になるところも特徴です。

 

 

洋服はほどくとカーブやくびれのある布の形になるのと対照的です。着物は元々、不要になったらほどいてリメイクすることが前提で縫われているんですね。

 
着物リメイクで作れるのはきんちゃく袋、バッグ、ベスト、ストール、Tシャツ、スカート、ズボン、作務衣などです。

 

 

巾着袋やストールは小さいしシンプルな造りだから初めてでも取り組みやすいですね。ウールのしっかりした生地の着物で作るバッグもよいです。

 

 

絹の襦袢をほどいてキャミソールなどにすると、肌触りの良い下着になります。

 
着物リメイクをするときは、高橋恵美子さんの本を参考にすると分かりやすいです。

 

 

着物は素晴らしい日本文化の一つ!だけど…

私は着物大好きです。日本が世界に誇れる文化の一つだと思います。

 
美しさだけでなく、収納性にもすぐれています。たためばぺったんこの長方形になってしまうんですから。

 
また、不要になった着物は、ほどけば数枚の長方形の布になり、再利用するときにも便利です。

 
袂や懐などポケット代わりのちょっとした収納場所まであり、とても合理的に作られていると思います。

 
だけど…私はもう10年以上着物をきていません。もちろん、着付けができないということもありますが、できたとしても着ないと思います。

 
それはなぜか。準備が面倒だからです。「半襟を長襦袢に縫い付ける」もうここでリタイアです。

 
私は色物や刺繍の施された半襟を着物とコーディネートする着こなしが好きですが、その日の気分で気軽にというわけにはいきません。

 
そして、楽な洋服になれてしまった体には、着物を着るまでに体の補正をしたり、長襦袢を切る段階でひもを使ったり、やはり窮屈で暑苦しい感じがします。

 
着物を粋に着こなしている方を見るとあこがれますが、「自分には無理~」と思ってしまいます。

 
でも、着物を着る体験というのは文化を知る意味でも大切だと思っています。それが、七五三や成人式だけだったとしても、実際に着てみる体験はぜひすべきだと思います。

 
日本人の普段着として着物が復活するのは難しいと思いますが、「ここぞというハレの日にはやはり着物」という形ででも、着物文化が伝承されてほしいと思っています。

 

 

それはなぜか。面倒だからです。

 

 

 

自分で着られるようになれば苦しくない着付けが出来ます

自分で着られるようになれば苦しくない着付けが出来ます。

 

 

不思議なもので、多くの若い女性が着物よりドレスを着たがります。そして、着物が大好きで自分で普段から着る女性と、成人式や披露宴に呼ばれた時だけ着る女性とハッキリ分かれている気がします。

 

 

これが、40代位になると逆に着物位自分で着たい、着物を着てお出かけしたいと思うようになるのが不思議です。

 
着付け教室に通い、その後着物を着る機会を作れば段々と上手く着られるようになりますが、着付け教室は選ぶ必要があります。

 

 

着物屋さんの着付け教室は、懇談会等もあり楽しいのですが、一通りの講習が終わっても引き止められることが多いです。

 
一通り習った所で断固として辞める勇気が無いなら、各種の文化センターの様な所へ通うのが良いでしょう。

 

 

又、自分の子供達の結婚式では、今でも母親は留袖=着物ですね。着物を着る機会が出来て嬉しかったですが、昔の人はゆったりと着物を着ていましたが、現在着付けてもらう場合は写真を撮ることもあり、きっちり着付けます。

 
私はキツイと具合が悪くなると言って緩めにしてもらったら、披露宴の途中で比翼が出て来てしまい、最後のご挨拶の前に慌てて着付け室に走って直して貰いました。

 

 

これも、自分で着られるようになれば、加減が分かるので良いと思います。

 

 

着物はそれだけで格上に魅せてくれる

今まで着物を着た機会なんて片手で収まるという方も多いと思います。それも借り物等で実際手元にある着物なんて浴衣程度という方がほとんどかもしれません。

 
高い、手入れが大変。なにより着付けや髪のセットにもお金がかかると。
でもそれはひと昔前の話なんです。

 
今は洗える着物や帯までセットになってお安い物も沢山出ていますし、着付けも必ずしもプロにやってもらわなくても大丈夫。

 
無料の教室もありますし、普段着にするなら完璧じゃなくても着てるうちに慣れてきます。

 
髪型だって今はこうしなきゃなんて決まりもありません。だってプロじゃない限り細かな間違いは殆ど気づかれません。

 
でも、お祭り等でない限り普段からお着物を着ていると不思議と人の目を引きます。

 
外国人ならまだしも同じ日本人の視線を引くなんて、洋服ならかなり奇抜にするかスタイルが良いか美人さんかになってきます。

 
さらに着物のいい所は気になる身体の短所も隠してくれます。

 
どんな高価なドレスより日本人にはこれほど似合い、一瞬で着ている人の格を上げてくれる物は他にはないと思います。

 

 

日本の民族衣装だけ着付けが大変

日本の民族衣装だけ着付けが大変だと

思いませんか?

 

世界の民族衣装の中で、日本の着物程着るのが大変なものは無いのではないでしょうか?
特に女性。

 

 

おはしょりを綺麗に整えるのには、練習が要ります。
男性はおはしょりを取りませんから、気軽に着られます。この違いはどこから生まれたのでしょうか。

 

おはしょりが上手く取れて、帯が結べれば着物も楽しく着ることが出来ますね。

 
ただ、現在着物は普段着では無いので、いざ着る時は随分きちんと着ないといけないようになりました。私の祖母の代は毎日着物を着ていた世代ですから、結婚式の留袖も衿などゆったりと合わせていました。

 

一方若い振袖の女性達はあまり衿が開いていると水商売の様に見えることもあり、しっかり着付けています。これは着付けのプロが着付けてくれている所為もあります。

 

日本は武道、茶道、華道、のような国柄だから、民族衣裳である着物も着付け道に凝るのではないかと言った友人がいますが、では、何故男性はおはしょりを取らずに気軽に着ているのでしょう?

 

若い人の着物離れもこの難しい着付けにあるのではないでしょうか。

 

着物のこんなところがすき

わたしは日本人です。わたしは、日本の民族衣装である着物が大好きです。民族衣装は、その国の女性をもっとも美しくみせる衣装だとおもっています。

 

 

小柄で、なで肩の女性を美しくみせるのが、着物です。わたしもなで肩で、着物が似合う方です。

 

 

子供のころから、着物をきると、着物似合うなあといわれてきました。そんなおもいでがあるのでなおさら着物が好きなのかもしれません。

 

 

子供のとき、お盆の送りと迎えで必ずきていた、浴衣もなつかしい思い出です。前のあわせを間違えないようにきをつけて自分で着るときの晴れがましさ。

 

 

大学の卒業式で、着物をきたのもよい思い出です。おなじく着物をきた友人とならんだ私をみた指導教官はまるで、姫と小姓だねといってわらいました。

 

 

わたしが、姫にみえ、友人はその小姓にしかみえないというのです。そのときは、ぴんときませんでしたが、いまになって、当時の写真をみると指導教官のいった意味がよくわかります。

 

 

友人の着物は、借り物だったために、そでがつんつるてんで、本当に貧相にみえるのです。

 

 

最近では、着物をきる機会があまりないことをとても残念におもっています。

 

 

着付けが自分でできないため、美容院で着付けてもらわなければならず、数万円かかってしまうことがその一因。

 

 

もっと気軽に着物がきられるようになったらよいのになと思っています。

 

 

といってもここ十年ほどほとんど着物をきる機会がなかったので、最近買った着物をもっているわけではありません。

 

 

同窓会などにきていかれるくらいの着物が一着あったらよい名と思うものの、15万円くらいはするのだろうかと思うと買えません。

 

 

でもいつかまた着物を着てみたいかな。

 

 

 

外国人と着物~結婚式に浴衣を着る外国人?~

着物、日本人の伝統ある民族衣装ですよね。

 

 

そして、世界各国に日本の着物に興味を持っている方はたくさんいます。
中でも人気があるのが、浴衣。

 
本来、浴衣はお風呂上りに着用する簡易的な着物の一種です。

 
襦袢などを着用せず、素肌に着るその簡単さ、豊富な色柄、帯や下駄をそろえてもお手頃な価格で、留袖を着たことのない日本人女性でも浴衣はある、といった方は多いですよね。

 
この浴衣、みなさんは外国人に紹介する時なんと紹介しますか?

 
驚いたことに、多くの外国人は、”キモノ”としか伝わっていないのが現実なのです。

 
”キモノ”のルールや細かな作法を伝えられていない外国人は、美しくお手頃価格の浴衣をどこにでも着ていってしまうのです。

 
私が驚いたのは、とある外国で行われた知人の結婚式のこと。

 
海外の結婚式って招待客のフォーマル服装も十人十色で本当に華やか。
そんな中、なんと、浴衣で参加している欧米人の女性がいたのです!

 
着付けもあまり上手とは言えず、裾はくるぶし丸見えで童女のよう。
参加者の中で日本人は私だけ。

 
わざわざ言いに行くのもな~と思っていたところ、式の後のパーティーでお話する機会が!

 
彼女も私が日本人だとわかり、浴衣のことを話題にしたので、ここで伝えないと彼女が今後恥をかいても、と思ったのでやんわりと伝えました。

 
彼女は驚いて、「私はホームウェアを着ていたのね!」と大笑い。
その後連絡を取り合うようになり、来日するので色留袖と小紋が欲しいのだと相談され一緒に買い物に行きました。

 
サイズの合ったお気に入りの色柄のものを入手した彼女は、「今度結婚式や学界に参加する時はこの色留袖を着るわ」と、超ご機嫌でした。

 
外国人には”キモノ”にドレスコードがあることを知らない人が多くいます。
やっぱり日本人は、日本の民族衣装を正しく世界に発信すすべきですよね。

 
皆さんも、機会があれば、着物のドレスコード、外国人の皆さんに教えてあげませんか?

 

 

着物の似合う女性になりたくて

何気なくふらっと立ち寄った着物屋。
そこで、着物をこよなく愛し、活き活きと振る舞う女性たちと出会いました。

 

私には着物の知識などはまったくございません。
ですが、色とりどりの生地や帯、アクセサリーたちに目を奪われてしまいました。

 

昔に比べたら、普段着として着物を着用されている方は減ってしまったのでしょうけれど、そちらの着物屋で働く方々は仕事以外でも着用しているとのことでした。
洋服を着ることのほうが少ない、と。

 

私もいつか着物の似合う女性になりたい。
お店へふらっと立ち寄ったことがきっかけで、強くそう思うようになりました。

 

そちらの着物屋では着付け教室も行なっているということで、参加させていただいたことがあります。

 

着物を着るためには必要なものがたくさんあり、名前を覚えるだけでも一苦労だと思いましたが、その一つ一つを合わせてゆき、仕上がった時にはとても晴れやかな気持ちになりました。

 

鏡で見た、着物姿の自分。
とても新鮮であり、品と淑やかさを感じたのです。

 

いつか着物の似合う素敵な女性になりたい。

 

着物を着るという工程や歴史の中から、立ち振る舞いや所作を学びたいと思いました。

 

 

 

真っ赤な着物が大好きです

真っ赤な着物が大好きです

私が子供の時、祖母はいつものように着物を着ていました。家でいる時はもちろん、お出かけの時にはそれはとても素敵な着物を着て出かけていたのです。

 
だから私も自然と好きになったのです。気が付いたら着物を扱う仕事に就いていたのです。

 
でもプライベートではなかなか着る機会はなかったのです。そんな時、友人の結婚式がありました。最初はドレスで出席しようと思っていたのに、急遽着物にしたのです。

 
そして祖母が私のために選んでくれたのです。それは真っ赤な着物だったのです。私には赤が一番似合うからといって、とても素敵な着物をすすめてくれました。

 
鏡で見ると、本当に素敵でとても似合っているのです。これしかないと思いました。それ以来、私は赤色が好きになったのです。祖母のおかげで私に似合う色がわかったのです。

 

だから私は真っ赤な着物を、これからも着てみようと思ったのです。

 
着る機会はめったにないのですが、それでも私はもっと着る機会を増やしていこうと思います。

着物は好きではありません

私は昔から着物が好きではありませんでした。なぜかというと、動きにくいからです。これまで成人式でしか着た事はありませんでした。でもその成人式もとても大変だったのです。

 
バスを降りてから、急いで会場まで行こうとしても走れないのです。待ち合わせに遅れそうなのに、うまく走れなくて結局遅れてしまったのです。そしてご飯を食べる時も、思うように食べる事はできませんでした。袖が気になるし、汚してしまったらどうしようと気になってしまうのです。

 

着物って日本人はいちばん似合うものだと思っています。だから機会があれば、私ももっと着たいなと思ってはいたのです。でもいざ着てみると、もう二度と着たくないなと思うようになったのです。

 
れでも着物をすすんで着ている友人を見ると、ついついいいなと思ってしまうのです。正直着たいと思う気持ちはあるのに、やはり着ようとは思えなくなってしまうのです。でもデザインなど、見た目はとても大好きなのです。